甲子大黒天本山のブログ

このサイトは甲子大黒天本山オフィシャルブログとして福山主が担当しております。甲子大黒天の紹介のほか豊かな人生を送るために大切なことを書かせていただいております。

生活の質を高める

 目が覚めると二日酔いで体が重かったり、昨日イライラしたことを布団に持ち込んでしまい、なかなか眠れず睡眠不足だったり、朝のスタートに失敗するとせっかく一日が台無しになる確率が高くなります。一年の計は元旦にありますが、一日の計は朝にあります。いかに気持ちよく朝を迎えられるかということも大切なことではないでしょうか。希望をもって朝を迎えられるよう環境を整えることができれば、最初で最後の最高の一日がはじまります。


 日本人は睡眠不足だといわれます。早寝早起きは子供ばかりではなく大人にとっても良いことです。また、飛行機の飲酒問題がニュースになっていますが、アルコールを翌日まで持ち越さないことも大事です。健康問題を抱えると急に健康を意識するようになりますが、健康なうちに生活習慣を見直したほうが後悔は少なくなります。良質な睡眠は良質な生活につながります。


 人間は良くも悪くも習慣に慣れてしまいますが、慣れた習慣を改めることがなかなかできません。子供に箸の持ち方を厳しく教えるのは、日本人であれば生涯にわたり箸を使うからです。睡眠も生活習慣も生涯にわたり続くものです。習慣化した日々の質を高めていくことで、私達の人生は少しずつ大きく変わっていくのかもしれません。とりあえず明日の朝のために心身を整えていきたいと思います。

九星別あなたの運勢 2019年・平成31年

一白水星の人 吉運・前進 恋愛◎ 仕事◎ 金運△ 健康〇
 明治42年、大正7年、昭和2年、昭和11年、昭和20年、昭和29年、昭和38年、昭和47年、昭和56、平成2年、平成11年、平成20年、平成29年生まれの人です。

 運気の追い風を得て思うように進める1年になりそうです。今年のポイントは人間関係の円満です。今の人間関係を大切に維持しながらも、新しいご縁も求めて自分の世界を広げていきましょう。自らの言葉や行動が周囲にどのような影響を与え、それがどのような形で自分に返ってくるのかを考えてみましょう。円満の秘訣は感謝の心を忘れず、調子が良い時ほど謙虚であることです。運気に頼るばかりではなく、着実な前進を試みてこそ大吉となります。

 

二黒土星の人 平運・堅実 恋愛〇 仕事△ 金運〇 健康△
 明治41年、大正6年、昭和元年、昭和10年昭和19年、昭和28年、昭和37年、昭和46年、昭和55年、平成元年、平成10年、平成28年生まれの人です。

 良くも悪くも運気の影響は少なく自力が問われる1年になりそうです。ただ今年は思い切った決断や行動は慎重に、無理をしないことで吉となります。表面的な対応はトラブルにつながりますから、誠意をもって臨むか、無理に関わらないかの選択になりそうです。翌年から運気は上昇していきますから、今後の展望を考える準備の年と考えましょう。変化に翻弄されないよう安易な行動は慎み、流れを見極め堅実に対応する習慣を身につける機会としてください。

 

三碧木星の人 盛運・飛躍 恋愛〇 仕事◎ 金運△ 健康△
 大正5年、大正14年昭和9年昭和18年、昭和27年、昭和36年、昭和45年、昭和54年、昭和63年、平成9年、平成18年、平成27年、生まれの人です。

 運気好調にして実り多き1年となりそうです。「一年の計は元旦にあり」といいますが、運気に恵まれている本年こそ大きな目標を掲げ精進してください。求めるものがなければ、得ることはできません。自らが何を求めているのか、幸福とは何か、あらためて考えてみる機会が必要です。運気を味方につけチャンスをつかむには自らの努力、周囲の助力、天からの運気などの調和が大切です。これらのバランスを保ちながら、目標に向けて着実に歩んでいってください。

 

四緑木星の人 休運・忍耐 恋愛◎ 仕事△ 金運〇 健康△
大正4年大正13年昭和8年昭和17年、昭和26年、昭和35年、昭和44年、昭和53年、昭和62年、^平成8年、平成17年、平成26年生まれの人です。 

 運気は低迷しますので忍耐が求められる1年となりそうです。無理に進もうとするほど八方塞がりとなりますので、迷ったら初心に戻ることを心がけて吉となります。今年のポイントは無理をしない、争いを避ける、不安に負けないことです。脚下照顧という言葉がありますが、先々のことや他人のことよりも自らの足元を整えることです。今為すべきことを着実におこなっていくことで、翌年以降の運気上昇期に飛躍することができます。停滞期には臥龍のように人知れず修養に努めることで、豊かな人生への転換期としてください。昭和53年の男性は42歳の本厄、昭和62年の女性は33歳の本厄ですので注意が必要です。

 


五黄土星の人 滞運・自制 恋愛〇 仕事〇 金運◎ 健康△
 大正3年大正12年昭和7年昭和16年、昭和25年、昭和34年、昭和43年、昭和52年、昭和61年、平成7年、平成16年、平成25年生まれの人です。

 運気は停滞しますので、進むよりも守ることを旨として吉となる年です。新しいことよりも今あるものを大切にするよう現状維持を心がけてください。しかし、現状に安住するのではなく、結果へとつながる道を整備するよう努めてください。運気が低迷していると様々な問題が顕在化してくることがあります。その場合には固定観念や悪習を捨て柔軟に対応しましょう。こだわりはさらに運気を低下させ、周囲とのトラブルに拍車をかけます。素直でいることが何よりの処方箋となります。また、暴飲暴食はじめ様々な悪習を捨て健康維持にも努めてください。

 

六白金星 進運・発展 恋愛◎ 仕事◎ 金運◎ 健康〇
 大正2年大正11年昭和6年昭和15年、昭和24年、昭和33年、昭和42年、昭和51年、昭和60年、平成6年、平成15年、平成24年生まれの人です。

 低迷の時期を抜け運気は上昇していきます。低迷期の2年間に蓄えてきたことが発揮され充実した1年となりそうです。何事にも自信を持ち謙虚に力強く進んでください。順調だからこそ周囲への配慮を怠ると反転しますので注意してください。強い流れに乗るときは油断せず制御を心がけ目的地へと向かってください。「禍福は糾える縄の如し」という言葉がありますが、何事にも吉凶や明暗があり些細なことで流れが変わることがありますから気をつけてください。独歩することなく、共に歩むという謙虚な姿勢が功を奏します。対話を大切にし、感謝の気持ちを忘れなければ、多くの理解者に恵まれ順調に進むことができます。

 

七星金星 吉運・誠意 恋愛◎ 仕事◎ 金運〇 健康〇
 明治45年、大正10年、昭和5年昭和14年、昭和23年、昭和32年、昭和41年、昭和50年、昭和59、平成5年、平成14年、平成23年、生まれの人です。

 運気隆盛にして万事順調に歩むことができそうです。今までの努力や忍耐が報われたりと喜び多き1年が期待できます。人生は自らが費やしたものしか返ってきません。因果応報の理を理解し善因善果を心がけてください。運気はマイナスの感情によって損なわれます。怒り、嫉妬、不安、欲には気をつけ運気を活かせるような環境を整えてください。翌年からは運気が停滞していきますので、前半は果敢に進み後半は堅実に守るという態度で大吉となります。ここで人生の流れを良き方向へと導いておきましょう。

 

八白土星 潜運・陰徳 恋愛△ 仕事〇 金運〇 健康△
 明治44年大正9年昭和4年昭和13年、昭和22年、昭和31年、昭和40年、昭和49年、昭和58年、平成4年、平成13年、平成22年、平成31年生まれの人。

 運気は下降し変化の多い1年となるかもしれません。変化のなかを無理には進まず、柳のように柔軟に対処していきましょう。周囲と比較して一喜一憂することなく、自分のペースを守りましょう。陰徳を積むことで吉となります。陰徳とは自分のためではなく社会や周囲の人々のため人知れず善行に励むことです。人が嫌がるようなことを進んですることで人間性を養う修行にもなります。主役になろうとするのではなく、黒子に徹しながら自分の順番がめぐってくるのを忍耐強く待ちましょう。心身ともに留意し堅実を旨として日々を丁寧に生活することで開運につながります。  

 

九紫火星 開運・福徳 恋愛〇 仕事◎ 金運〇 健康△
 明治43年大正8年昭和3年昭和12年、昭和21年、昭和30年、昭和39年、昭和48年、昭和57年、平成3年、平成12年、平成21年、平成30年生まれの人。

 運気は好転し実力以上の成果を期待できる1年となりそうです。しかし、身の丈に合わないことはすぐに去ってしまうので、得たものを手放すことのないよう自力を養いましょう。運気の強い時は反動も大きくなりますから、謙虚な努力と周囲への感謝を忘れないよう心がけてください。また、安易な妥協はせっかくの運気を停滞させますので、周囲との折り合いをつけながらも、自分が納得できるところまで頑張ってください。思慮に欠け感情的になると大きな損をすることになります。好調なときほど自戒が大切になります。打算は見透かされ人が離れていきますから、利他の精神を忘れないでください。何事も継続してこそ成果となります。焦ることなく、飽きることなく、着実に歩んで素晴らしき1年としてください。

変化の波に


 トランプのババ抜きでは相手の手札は見えませんから、どんなカードを引くかは分かりません。人生おいても与えられた環境や条件のなかで生きている人が多いように思います。行き当たりばったりとまでは言いませんが、選択することなく日々の生活を送っているようです。人によっては与えられたものではなく、自ら望むものを手にして生きている人もいます。不満はあれど変化を求めるよりも現状に留まる人のほうが多いようです。


 変化を求めない人は「変化=リスク」と考える人です。環境や状況を自ら望むように変化させていく人は「変化=チャンス」と考えられる人です。変化ということをどのようにとらえるかで大きく違ってきます。変化を上手に導いていける人には展望や目標があり、進むべき道があるからこそ、今の自分が何を考えどう行動するべきかが分かるのです。何よりこれから自分がどのように生きていきたいのかを考えることで、良き変化の流れを作っていくことができます。


 1日わずか10分でも目標や理想のための時間を作っている人にはチャンスが訪れます。そのチャンスを活かせるかどうかは、変化に対する姿勢だと思います。変化をチャンスと考えることができ、前向きに変化に適応しようとするならば、自らが求める生活を享受することができます。「求めよさらば与えられん」という言葉がありますが、求めるものがあり、得るための行動があり、感謝と周囲の理解があるならば、恐れることなく変化の波に飛び込むことができます。

静かな時間に

 現代人は静かな時間を恐れているのかもしれないと考えることがあります。1人でいる時はテレビや音楽をつけて静かさを遠ざけてしまいます。2人以上でいる時は沈黙を恐れて無理に話そうとしたり、お互いにスマホに逃避し会話から逃れたりします。人数に関わず静かな時間があっても良いと思うのです。静かな時間の効用についても考えてみる必要があります。

 


 ヨガや写経などは静かな時間を楽しむという目的もあると思います。静かな時間に身を置くことで心を落ち着けることができます。忙しく慌ただしい現代社会で暮らしているからこそ、心を落ち着ける時間が大切になります。物事を判断するとき、人と接するとき、人生の岐路に立った時、心を落ち着けることで最善の選択をすることができます。人生の失敗の多くは平常心を失ってしまうことから起こります。

 


 日常生活は様々な心の試練であふれています。イライラすること、疲れること、落ち込むことなど、たくさんのことがあります。そういった生活にあっていかに心を安定させるかがポイントです。感情のままに流されると後悔ばかりになることは学んでいるはずです。試練に打ち克つ心の平安を守らなければなりません。私達の心を揺さぶる外的要因(イライラなどの原因)は姿形を変えながら生涯つきまといます。逃れられないからこそ、そういったものに惑わされないようにしなければならないのです。

 

 

ブログ移行のご案内

 はてなダイアリーを利用してきましたが来年3月でサービス終了になるとのことで、はてなブログに移行することにしました。心機一転このサイトに投稿していきますので今後ともご愛読ください。 合掌

本当の自分と友達になる

 自己紹介もそうですが、意外と自分のことを説明するのは難しいことです。それは人間というものが矛盾のなかで生きているからです。たとえば小学校の男児が好きな女児にわざと意地悪をすることがあります。本当は好きななのに何故か逆の行為をしてしまったり、もしかしたら好きだということも分かっていないのかもしれません。これは子供ばかりではなく大人になっても自分の想いや行為が矛盾することはよくあります。自分のなかで整合性をとっていかなければなりません。


 また、人間には弱さや愚かさもあるため、最善の選択や正しい行為ができないこともあります。しがらみがあり欲があり怒りがあり、様々な立場や感情のなかで上手に進んでいかなければなりません。そのためにはできるだけ正しく自分の想いを理解してあげなければなりません。先程のたとえならば小学生の男児は自分のその女児を好きだということ、好きだからこそつい意地悪をしてしまうこと、意地悪をすれば相手に嫌われてしまうこと、好きだからこそ意地悪をするのではなく、やさしくしなければならないと理解し実践するというステップが必要です。


 最善の選択や正しい行為のためには順を追って自分の心を整理していかなければなりません。自分の想いをちゃんと理解でき、その想いを実現すべく行動できれば、自分の想いと行動と結果が調和するようになります。習慣での行動を中止して、何事も自分の心を確認してから行動することで矛盾に満ちた生活から解放され、調和のとれた人生を歩むことができます。24時間いつも一緒にいる自分の心が織りなす矛盾、闇、愚かさを無視するのではなく理解者になることが求められています。手を差し伸べるからこそ仲良くなれるのではないでしょうか。



応援クイックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

お問い合わせ先など

お問い合わせ先
〒992-0076
山形県米沢市小野川町2580
甲子(きのえね)大黒天本山
電話0238-32-2929
ファックス  32-2988
メール:hiroaki@sekiya.name(副山主用)
お気軽にお問い合わせください。


アクセス
車  東北中央自動車道 米沢中央ICより約25分
電車 JR米沢駅よりタクシーやバスで約25分
   バス停 小野川温泉より徒歩5分

浦和ICより約220分
仙台より 約90分
福島より 約60分
山形より 約65分
新潟より 約120分
会津より 約60分


駐車場のご案内
大型バス5台、普通車20台
大祭時は臨時駐車場を準備いたします。

 

f:id:buddhist:20141004115550j:plain