歴史、祈願、大祭など

 当山は湯殿山系山伏と上杉家祈願所の法流を相承し今に伝える真言宗醍醐派修験道寺院です。本尊の甲子大黒天は慶應元年に湯殿山四ヶ寺のひとつ大日寺より空道上人によって遷座されました。甲子大黒天とは大黒天の縁日が旧暦の最初である甲子の日であることに由来し開運招福・商売繁栄などのご利益があります。また、甲子は60ある暦の最初であることから心機一転、頑張りたいと思ったときに参拝いただくとご加護いただけるとされます。新たなる願いの成就を大黒様にお誓いください。

f:id:buddhist:20090914085456j:plain

 

ご祈願
 随時、祈祷を受付けております。湯殿山系山伏の作法によって、皆様の願いを甲子の大黒様に祈願いたします。日々の安寧に感謝し、願意の成就を一心に願いご参加ください。事前にご予約いただけると確実です。

家内安全、商売繁栄、良縁成就、身体堅固、病気平癒、厄祓い、自動車のお祓い、合格祈願、諸災消除、諸願成就、七五三詣、五穀豊穣など

 

 

バスツアー団体法話
 当山では団体参拝者に無料の法話をおこなっております。話題は大黒様にちなみ笑顔の大切さや七福神など、分かりやすく親しみやすい内容を心がけております。自由参拝だけではなく、荘厳な本堂にて法話を聞くという体験が喜ばれております。ぜひ、心に残る法話をお聞きください。ご希望の時間にてお話しいたします。事前にご連絡ください。お時間に合わせ10分〜20分です。

 


大祭のご案内
 甲子大黒天本山では毎年11月19日に越年例大祭を厳修しております。この大祭は一年間の厄を払い、やがて迎える新年の福徳を願う恒例行事です。湯殿山系の山伏に参集いただき、神斧・宝弓・宝剣などの作法によって厄を払い、開運招福加持によって福を招きます。また、抽選もあり縁起物や開運色紙も当たります。ご参加の場合、御札の準備があるため各回10分前までにお越しください。

f:id:buddhist:20061119121819j:plain
甲子大黒天本山越年例大祭
日付 毎年11月19日
時間 10時と12時の2回厳修
場所 甲子大黒天本山
奉納料 お一人様3,000円(御札と記念品の授与)