甲子大黒天本山のブログ

このサイトは甲子大黒天本山オフィシャルブログとして福山主が担当しております。甲子大黒天の紹介のほか豊かな人生を送るために大切なことを書かせていただいております。

さりげなく、いさぎよく

 私の住む町はまだ桜が残っています。日本人にとって桜は特別なものです。花見といえば桜ですし、ニュースでも開花情報が取り上げられるのは桜くらいのものです。ですが、欧米人が桜を見れば、花色も匂いも薄く、花の期間は短く、管理は大変な桜をどうして日本人が愛でるのか理解できないかもしれません。海外ではたとえばバラのように、もっと個性や自己主張の強い花が好まれるのは国民性の違いなのでしょう。


 日本人には「もののあわれ」と表現する無常感があります。桜はまさにそれを象徴するような花です。執着せず潔く散っていくその姿は日本人の精神文化と合致するものです。花の色や香りは「さりげない」ものであり、花の命は「いさぎよい」ものであり、日本人に好まれる要素をたくさん持っています。まして厳しい冬を乗り越え、春を告げるように咲く桜は日本人にとっては、かけがえのないものです。


 「さりげなさ」や「いさぎよさ」というものは日本社会で生きていくためには必要な徳だと思っています。特別に意識されているわけではありませんが、こういった徳を備えている人は周囲から好かれるものです。主張や執着をほどほどにする態度が大切だと思うのです。自己主張よりも相手の話を聞く、自分優先よりも相手に譲る、何事においても桜を意識するとうまくいくのかもしれませんね。



応援クイックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村